失った歯を補う方法 あなたの理想に合うのはどちら?

柏市の歯医者柏サニー歯科クリニック Home >> 歯を失ってしまったら?~インプラント・入れ歯~

歯を失ってしまったら?柏サニー歯科クリニックのインプラント・入れ歯

入れ歯は自分に合ったものを!

自分の歯のようにしっかりと噛めるインプラント

インプラント治療

「インプラント治療」とは、顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上から人工歯を取りつけることで失った歯の機能を補う方法です。インプラントは見た目が自然で、噛み心地も本物の歯とほとんど変わらないため、人気を集めています。また、インプラントは周りの歯に固定する必要がないため、周りの歯を傷めることもないというメリットも持っています。

インプラントと他の治療の違い

  メリット デメリット

インプラント

インプラント

  • 自分の歯と同じように噛める
  • 見た目が自然
  • 周りの歯に負担がかからない
  • 固いものでも食べられる
  • 発音に影響がない
  • 費用が高い
  • 手術の必要がある
  • 治療期間が長い

入れ歯

入れ歯

  • 治療期間が短い
  • 費用が安価
  • 発音に影響が出ることがある
  • 顎の骨が痩せやすい
  • 噛む力が弱くなる

ブリッジ

ブリッジ

  • 入れ歯よりしっかり噛める
  • 見た目が自然
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 周りの歯に負担がかかる
  • 顎の骨が痩せやすい
  • 噛む力が弱くなる

インプラント治療の流れ

STEP1.検査・治療計画

検査・治療計画のイメージ画像

デジタルレントゲンやCTなどを使用して、失った歯の数やインプラントを埋め込む骨の状態などを検査して、詳細な治療計画を練ります。

矢印

STEP2.一次手術

一次手術のイメージ画像

顎の骨に穴をあけて、インプラントを埋め込みます。手術時には麻酔をするため痛みはありません。

矢印

STEP3.治癒期間

治癒期間のイメージ画像

一次手術後は、インプラントと顎の骨が結合するまで2~3ヶ月ほど治癒期間をおきます。

矢印

STEP4.人工歯装着

人工歯装着のイメージ画像

型をとって人工歯を作製し、装着します。

インプラントの治療費紹介

治療法 概要 費用
インプラント治療
  • 診療代
  • 手術代
  • インプラント体
  • 上部構造 込み
250,000円(税抜)~/1本

【院長からのインプラント治療ワンポイントアドバイス】

院長 宮上元章

入れ歯やブリッジは、周りの歯を固定源として歯を補う方法です。そのため、周りの歯の寿命を縮めてしまいます。それに対してインプラントは周りに一切負担をかけずに独立して噛めるため、周りの歯の寿命を縮めることはありません。

インプラントは自然でしっかり噛める歯が取り戻せるだけでなく、周りの歯を助けることができます。そういった意味でも、柏サニー歯科では失った歯の機能を補うならインプラントをおすすめしています。

インプラント治療に抵抗がある方には、入れ歯という選択肢もあります

柏サニー歯科クリニックではインプラント治療を行っています。柏市でインプラントのことなら柏サニー歯科クリニックへお越しください。インプラントは見た目が自然で、噛む感覚も本物の歯と変わりません。またインプラントには周りの歯を傷めないというメリットもあります。こういったメリットから、柏サニー歯科ではインプラントをおすすめしています。インプラントに関するご相談からでもお気軽にどうぞ。柏市でインプラントができる歯医者をお探しなら柏サニー歯科クリニックへ。

入れ歯は自分に合ったものを!

入れ歯がズレる 噛むと違和感がある 痛みがある……

入れ歯がズレるのイメージ画像

このようなお悩みをお持ちでも、「入れ歯だから仕方ない」と考えてしまう患者様がたくさんいらっしゃいます。入れ歯は以前と比べて大幅に進歩しており、見た目も噛み心地も自然なものがたくさん開発されています。新しく入れ歯をつくりたい方も、現在の入れ歯に不満がある方も、当院までご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には、健康保険を適用できる「保険入れ歯」と、保険適用外の「自費入れ歯」の2種類があります。

  メリット デメリット
保険
  • 簡単に装着できる
  • 費用が安価に済む
  • 厚くなって違和感がある
  • 歯の色が不自然になることがある
  • 金属製の留め金が目立つことがある
  • 素材がレジンに限定されている
自費
  • 使用する素材の制限がない
  • 薄く違和感のないものがつくれる
  • 自然な見た目のものがつくれる
  • 固定する留め具が目立ちにくい
  • 費用がかかる
  • 作製に時間がかかることがある

取り扱い入れ歯紹介

レジン床入れ歯

レジン床入れ歯

特徴 歯ぐきに触れる部分「床」がレジン(歯科用プラスチック)でできている入れ歯。安価ですぐに歯の機能を補え、破損時の修理もすぐにできますが、目立ったり違和感があったりといったデメリットもあります。
価格 保険適用

金属床入れ歯(チタン・コバルトクロム)

金属床入れ歯(チタン・コバルトクロム)

特徴 床部分が金属でつくられた入れ歯。薄くつくることができるため違和感が少なく、金属のため食べ物の温度が伝わりやすいというメリットがあります。レジン床と比べて高額になります。
価格 チタン 350,000円
コバルトクロム 200,000円

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

特徴 一般的な入れ歯で使われている金属のバネ(クラスプ)を使用しない、樹脂製の入れ歯です。見た目が自然で目立たず、金属アレルギーの心配もありません。
価格 150,000円

※価格はすべて税抜きです

【院長ミニコラム】

院長 宮上元章

保険の入れ歯はプラスチック製と決まっています。プラスチックは強度が低いため厚みがないと割れてしまいますが、厚みのせいで違和感が出たり食事の熱が伝わらなかったりといったデメリットが発生してしまいます。

それに対して金属床の入れ歯は薄くつくることができるため、違和感も少なく食べ物の温度もしっかり伝わります。特に上顎の入れ歯には金属床がおすすめです。

入れ歯ではなく自分の歯でしっかりと噛みたいという方にはインプラントがおすすめです!

柏市でインプラント治療をするなら柏サニー歯科クリニック